メニュー
サンタマリアについて

ご挨拶

 老人保健施設サンタマリアは、平成3年4月に開設いたしました。
 開設当時に比べて、現在我が国の老人福祉政策は、 平成12年4月からの介護保険制度をきっかけとして著しく様変わりし、 介護保険施設の一つである老人保健施設も開設当時の機能・役割などを見直さざるを得ないほど、 社会の諸環境や状況などが激変してきており、これからも刻々変わっていくことは容易に推察できると言えましょう。
 さて、サンタマリアはその施設名からもわかるように、カトリック施設であります。
 第二次世界大戦終戦後、心身ともに意気喪失し、飢えと病気に苦しむ人々のために、 カトリック女子修道女会である聖霊奉侍布教修道女会が立ち上げた社会福祉事業として、聖霊病院が設立され、 現在に至るまで、その事業を通して育まれてきた、キリスト教の精神、即ち、「愛と奉仕」の理念が事業全体を貫いています。 平成3年(1991年)4月に開設されたサンタマリアも当然ながら、 経営母体である社会福祉法人聖霊会の「愛と奉仕」の精神がその根底に息づいており、 諸サービスを提供させていただく私共の職員皆が最も大切にしている精神であり、理念そのものであります。

[写真]

教皇 フランシスコ

[写真]

聖霊奉侍布教修道女会
創立者 聖アーノルド・ヤンセン

[写真]

聖ヨゼフ・フライナーデメッツ

理事長あいさつ

[写真]

社会福祉法人聖霊会は、戦後の混乱時期に社会のニーズに応えて創設され、 「福祉」という視点で、その時々のニーズを見きわめ、取り組んできています。 超高齢社会と云われる中で、高齢者おひとりおひとりの生活環境も身体状況も異なってきており、 様々なニーズが求められています。私たちサンタマリアは「介護老人保健施設」として、 「愛と奉仕」をモットーに高齢者への奉仕に努めています。 「愛と奉仕」は「人の尊さ、尊いものとして関わる」という意味で理解されます。 人間はどのような姿になろうとも「尊いもの」として見つめ、 地域の皆様の愛される「施設」となるように努力します。

社会福祉法人聖霊会
理事長 森山 勝文

施設長あいさつ

[写真]

介護老人保健施設サンタマリアは1991年4月に、 社会福祉法人聖霊会により開設し運営されている施設であります。 基本の理念としましては、カトリック精神による「愛と奉仕」の心で高齢者の医療・看護・介護を行う施設であります。 そのため、他の施設にはないカトリック的雰囲気が特徴であり、 年間の行事もその精神に基づいて心やすらかに日々が楽しく送れるように組まれております。

さて、皆様もすでにご承知のことと思われますが、 平成17年の介護白書によれば、我が国の高齢化の進行のスピードは他の国に類を見ないものであり、 2004年総人口1億2769万のうち、65歳~74歳の前期高齢者数は1381万人、 75歳以上の後期高齢者は1107万人となり、特に今後は後期高齢者の増加が著しく、 2050年には高齢者人口の60%以上を後期高齢者が占めると予想されています。 特に大都市圏においては今までは比較的高齢化が低かったものが、今後は他の地域より高齢化の伸びが速く、 2025年には愛知県でも全国水準と同じレベルかこれを超えると予想されています。

この中で、介護老人保健施設としても2000年4月に介護保険制度がスタートし、 今回2005年の介護保険の見直しに際し新しい理念と役割を決めました。

理念としては「介護老人保健施設は利用者の尊厳を守り、 安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし、総合的に援助します。 また家族や地域の人びと・機関と協力し、 安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。」と掲げております。

また、役割と機能としては、 ・包括的ケアサービス施設 ・リハビリテーション施設・在宅復帰施設 ・在宅生活支援施設 ・地域に根ざした施設  の五つをキーワードとしています。 すなわち介護老人保健施設はこれからも介護保険制度において、 中心的役割を果たす施設であると定義しています。

このような中においても、私どものサンタマリアは、 介護老人保健施設として要求されている理念や役割に対し、充分答えられる施設でありますし、 またそれ以上皆様のご期待にお答えできる施設であると自負しております。 そのために職員一同、心をひとつにし、日夜努力しておりますが、 何かお気づきの点がございましたらご遠慮なく私どもにお声をおかけ下さいませ。

今後とも利用者様やご家族様の幸せな暮らしにお役に立てるよう 一生懸命に努力してまいる所存ですので、 相変わらぬご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人聖霊会
老人保健施設サンタマリア
施設長 永井 敏也

証書の写真

平成16年3月31日 厚生労働省より臨床研修協力施設証の交付を受ける。